Blog

【リスニング・スピーキング】を確実に伸ばす英語学習方法

 

国内にいても海外にいても、英語のシャワーを浴びまくろう!

 

I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。

 

英語学習の大きな壁の一つがスピーキングだと思います。

TOEICの点数がいくら良くても喋られない人は沢山います。

そのくらいスピーキングはとても難しいし、特に日本人は英語の発音に苦戦すると思います。

(日本語の音と出し方がそもそも違うため)

 

今回はそんなスピーキングの壁を少しでも薄く感じてもらうために、オススメのリスニング&スピーキング上達方法をお教えします(^^♪

「え?リスニング?」と思うかもしれませんが、TOEICで点数が取れているからリスニングができるわけではありません。

喋るためのリスニング力が必要になります。

 

英語力ゼロからスタートした私が、この方法で2年間のカナダ・バンクーバー生活を通してローカルジョブまでゲットし電話対応もしていたので、誰でもすぐに真似できます!

(オンライン対面で英語を話すわけではないので、苦手意識や恥ずかしくてオンラインはちょっと…という人でも大丈夫です(*^^*))

ちょっと厳しい内容かもしれませんが、本当に悩んでいる人の助けになる内容になっていると思うので最後まで読んでもらえると嬉しいです!

 

 

文法学習はこちらをCHECK

英語学習をやり直す【オススメ文法解説動画】

  えーい!もう英語学習は本腰入れてイチからやり直しだ!   I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。     英語力があまり ...

続きを見る

 

 

 

 

リスニングとスピーキングの関係性を知ろう

まずは、リスニングとスピーキングの関係性を知りましょう。

ここを知るだけで、結構考え方が変わる人もいるかと思います。

リスニングとスピーキングは「インプットとアウトプット」の関係を持っています。

 

リスニング = インプット

スピーキング = アウトプット

 

いやいや、リスニング結構できるしスピーキングの練習をすればいいんじゃないの?

 

それが出来ていれば、もっと日本人は英語を話せているのよ~~~!

なぜなら、アウトプットはインプットされたものしかできないから。

つまり、TOEICなどの点数は高くても喋れない人はアウトプット(スピーキング)をするためのインプットが圧倒的に足りていない状態です。

これは赤ちゃんが言語を覚えるのと同じで、とにかく沢山言葉を聞いて、聞いて、脳に十分に貯まると少しずつ話せるようになります。

 

言語学習でも同じことが言えて、文法でも単語学習でも、とにかくまずは知識や単語というパーツを入れないとアウトプットできません

 

ポイントはいきなり大きなコップを用意するのではなく、小さなコップから始めて早く溢れさせる(アウトプットする)こと

それが出来たら大きな容器に移し替えてまたインプットする→アウトプットするを繰り返しましょう。

 

 

効率的なリスニングの鍛え方

スピーキングにおけるインプットの重要性を理解したところで、効率的にリスニング力を上げる方法を見ていきましょう!

ただし、先に言っておくと簡単ではありません!

でも結果的に色々やるよりは効率が良いやり方です。そこだけ注意!

効率的なインプット方法

  1. 日常会話や通常の会話をひたすらきいて、英語シャワーを強で浴びる
  2. 簡単な会話を完全に聞き取れるようになるまで聞く(1分くらいの会話がベスト)
  3. シャドーイングする

 

大人になってからの語学習得は、残念ながら意識的に聞かないと効率よく脳にインプットすることができません!

子どもの脳は柔らかいので、考えなくても自然とインプットできますが、大人の脳は意識をすることが大切。

文法や単語学習のインプットと合わせて、リスニングも積極的に効率よくスキルアップを目指しましょう!

 

日常会話や普通の会話を聞こう

まずは量をこなすことが大切です。耳も沢山の英語に触れることである程度のレベルまでは聞き取りができるようになります。

聞こえが悪いかもしれませんが、せっかくワーホリや留学で海外にいるなら「天然の英語シャワー」をどれだけ浴びれるかは、かなり大切なポイントです。

本物英語に出来るだけ耳を多く触れさせておくことはとても重要なリスニングスキルの向上に繋がります。

ぜひ、海外滞在中は天然の英語シャワーを沢山浴びておいて下さいね!

(私はカフェとかに行ってずっと聞き耳立ててリスニングしてたよ( ;∀;)笑)

 

また、海外にいなくても今はポッドキャストやラジオ、海外のニュースチャンネルなど多種多様なコンテンツがあります。

それらを常に再生して英語環境にいるかのようにしておけば、英語のシャワーを浴びることができます

 

日本語と同じで、聞き取りやすいい人の声や発音があります。

TOEICや単語帳の音声は聞き取れても、実際の会話を聞き取れなければ意味がありません。

そういった人が自然喋る時の声質や音にも耳が慣れておくと、スピーキングの時にとても役に立ちます。

 

簡単な会話でいいから聞き取れるようになるまで聞く

ある程度耳が慣れてきたり、そもそもリスニングが苦でない人は、ポッドキャストやYoutubeにある音声を利用して繰り返し、会話を聞き取りしましょう。

題材の選び方は3点に注意します。

  • 難しいものは避けること
  • スクリプトがあるもの
  • 1分くらいの会話や語りの部分を使用する

この時、自分が好きな題材を取り扱っているモノだとより入ってきやすいと思います。

自分で聞いた単語や音の確認のために、スクリプトがあるものを選ぶようにしてください。

Youtubueやサブスクのコンテンツであれば、字幕表示ができるのでそれを利用してもOK('ω')ノ

 

この時選んだ会話を一字一句聞き取れるようになるまで聞きこんでください。

簡単なように思えて、全然簡単じゃないです( ;∀;) 

自分がいかに聞き流しているかよくわかります…(*_*)悲し

 

シャドーイングができるようになるまで聞く

さて、リスニング力の向上とはいえ、喋ります。なぜならインプットしたらアウトプットするから。

シャドーイングの良いところは実際の会話と同じスピードで喋ること。

聞くのは簡単でも、実際に同じスピードで話すのはかなり大変です。

だからこそ簡単な題材からスタートさせることが大切!

そしてどこでネイティブは言葉を区切っているのか音の波はどうなっているのかを考えながら聞いてシャドーイングしましょう。

リスニングからシャドーイングができてこそスピーキングに力強く結びついてきます。

 

 

効率的なスピーキングの鍛え方

インプットが出来るとようやくアウトプットできます。

このアウトプットが出来るだけ早くできるように、小さいコップで英語シャワーを浴びて溢れさせるのがポイント。

効率的なアウトプット方法

  • 正しい音で単語を覚える&使う
  • 英語のテンプレートを使う

アウトプットも簡単ではありませんが、インプットがしっかりしていれば割とスムーズです。

 

ただし、単語の発音まで覚える作業は結構大変

リスニングをしていると、耳で聞いた時は分からなかったけど、文面で確認してみたら「知っている単語だった」というのはよくあると思います。

 

...それって本当は聞き取れていないですよね?

 

つまり、リスニングは自分が正しい音で発音できているモノだけがはっきりと聞こえるようになります。

アウトプットできるものは、インプットされたものだけです。

 

スピーキングは発音のインプットがポイント!

リスニングがインプットじゃないの?と思うかもしれませんが、スピーキングにもインプットがあります。

それが発音

英語をしゃべれるようになるためにインプットをする必要があります。

高い英語学習技能を持っているのに喋れない人は圧倒的にこのスピーキングのためのインプットが足りていません。

 

そうと分かればここにいっぱい英語のシャワーを浴びて入れてあげればOK(^^♪

特に発音記号が分かるようになると、フォニックス(英語の読み方)が分からなくても発音記号を見れば単語が読めるようになります。

しかも正しい発音で!

これが発音記号を勉強するメリットで、自分が正しい発音で話せるようになることによって、ネイティブの会話がめっちゃ聞こえるようになります!

これは本当に!びっくりするくらい聞き取れます。

 

そして正しい音で覚えた単語はアウトプットするのもかなり簡単になります。

(よく使いすぎるがゆえに口癖みたいになる\(◎o◎)/笑)

 

発音記号がよく分からないな~という人!英語学習者なら誰しも知る「Atsu」さんがブログとYoutubeで教えてくれているのでぜひ!

発音記号を勉強しよう

Atsu Eigo

※発音記号は難しくない!すぐ覚えられる!

 

英語のテンプレートをインプットして使う!

発音が分かったところで、簡単には英語を話せるようにはなりません。

そこでアウトプットを簡単にしてくれるのが「テンプレート」です。

 

それをとても分かりやすく教えてくれているのが、Youtuberのリサさん。

「こんな一言が言いたい!」という痒い所に手が届くようなチャンネルです。

しかも基本的には英語ですべて解説されるので、英語を英語で学習する感じ。

ただ動画を見るだけでなく、動画を見ながら実際に話す練習をする構成になっているのもポイントです!

表現をインプットしながらアウトプットもできるので、とても勉強になります。

 

私はこれにかなり助けられています。何より楽しい(^^♪

かなりオススメのチャンネルなので、ぜひ英語学習に活用してみてくださいね!(発音の勉強もやってるよ)

人気Youtubeチャンネル

バイリンガル リサティー英会話

英語は英語で覚えよう、今すぐ使える英語のテンプレートが沢山!

 

 

まとめ:話すためのリスニングとスピーキングの鍛え方

いかがだったでしょうか?

英語を勉強していても、英語が話せないという人は多いと思いますが、スピーキングのためのインプットが足りていなかったと考えればもう少し英語学習の視点ややり方も変わってくると思います。

海外にいる人はぜひ、「天然の英語シャワー」を沢山浴びるようにしてください(^^♪

そして正しい発音でインプットしましょう!

音を理解するだけで、アウトプットが楽に、しかも飛躍的に上達します。

せっかく正しい文法を使っていても発音が悪ければ伝わらないこともあります。

それよりは相手にしっかり伝わる音で、テンプレートを使って簡単に話せるほうが楽しいし、上達も早いです。

 

インプット作業は確かに大変だし、アウトプットも直ぐには出来ませんが

小さなコップをたくさん用意して、少しずつ大きくしていきましょう(^^♪

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

M's Feature

GoogleMAPを使用して日本から世界へ!
マッパー南美の旅行記録

Check It Out!

Check it out & Follow me!

南美のGoogleローカルガイド アカウントはこちら!

アカウントを見る

 

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

 

0

Sponsor Link

-Blog
-

© 2021 M's Eigo~カナダ・ワーホリと英語学習記録~ Powered by AFFINGER5