Working holiday

【全英語力を底上げして帰国】Vectorってどんな学校?

海外に行ってまで、日本人しかいない英語学校に通う必要ある???

 

 

I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。

 

 

ワーホリ前に最初の約6ヶ月間は語学学校(Ilac)に通った私ですが、帰国する直前も語学学校に通い直しました!

なぜなら、満足する語学力まで引き上げることが出来なかったから。(*_*)

 

最初に通った学校の記事はこちら

【バンクーバー・留学】英語学校は行った方が良い?約半年通った結果

  やっぱり最初に英語学校に通った方が良いの?   I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。   初めてのワーホリの人は、最初 ...

続きを見る

 

そんな私が、最後の駆け込み寺として通ったのが、Vector(ベクター)です。

(久しぶりにサイト開いたらなんかリニューアルしてかっこよくなっていました!)

 

ここは生徒も先生も日本人の英語学校です。

どこの英語学校よりも本当にスパルタな学校だと思います…( ;∀;)笑

 

今回はそんな私の英語力最後の底上げ結果と、ベクターをフィーチャー!  

 

 

 

しっかり結果を残す、短期間で劇的に英語力を上げる「Vector」

私がベクターを知ったのはワーホリが落ちついて、帰国を迷っていた時に最後に語学学校に行きたいな〜と探していた時のことです。

この時既にバンクーバー生活も1年ちょっとが過ぎていたので、英語学校についても色んな人から聞いていました。

その中のひとつに入っていたのが「ベクター」でした。

が!特にベクターは厳しい学校として聞いていたので、実際に通ってみるまでが長かったです、笑。

恐怖すぎて最初はマンツーマンのレッスンを受けていました(ビビり)。

そのくらいスパルタで英語漬けになる授業内容なんですよ!

だからこそ結果も出るので、最初からネットで調べてわざわざベクターに通うことを目的にバンクーバーに来る人もいる程。

 

最近ではコロナウイルスの影響でオンライン授業に切り替えるなど、日本からも受講できるので

良かったらぜひHPをチェックしてみてください(^^♪

 

実際に入ってみて本当にすごかった

話に聞く以上に大変です。

これまでこんなに勉強したのは受験の時以来?というくらい

毎日深夜2時くらいまで勉強、朝おきてからずーーーーーーっとです。

私は「文法インプトコース」から「会話アウトプットコース:実践」まで受講して3ヶ月間過ごしましたが

6ヶ月間で基礎から上級まで取っている人もいます。

(私は絶対無理だけど(*_*)笑 連続受講で授業料の割引もあります)

何よりも英語の基礎が叩き込まれた!

確かにそれだけ勉強すればそりゃ伸びるよ、とは思いますが日本人が苦手とする発音や話し方から徹底的に見直すことになります。

結果的に最初からベクターに来ていればもっと英語の伸びしろがあったはずだと思いました。

なので、もしカナダで最初に語学学校に行くこと検討している人は

ぜひ、ベクターを覗いてみても良いと思います!

 

本当に、文法力からスピーキングまで底上げされました。

特に文法がボロボロのまま過ごしていた私は、文法コースで最初からつまづきまくり辛かったです。

でもおかげで文法に対して少しは苦手意識を克服できたし、文法を学ぶことが楽しくなりました!

 

文法を頭に入れること大切さ

特に、英語に自信のない人は最初に文法を叩きこむことをオススメします。

とはいえ、なかなか短期間で抑えるのは難しいです。

でもベクターに来て文法がどれだけ大切かよくわかりました!

 

そしてただ文法を勉強するのではなく、使いながら文法を覚えるのがベクター式。

あきこ先生が文法を叩き込んでくれます。

正直、文法の勉強方法は好き嫌いがあるとは思いますが、ベクターの色々な動画を見てぜひ検討してみてください(^^♪

 

発音の劇的改善!

これが私が一番ベクターに通ってよかったと思うポイント!

どれだけ発音が苦手な人でも克服できると思います(^^♪

これは本当に先生たちが教えるのが上手です。

元々、そこまで発音に対してコンプレックスはありませんでしたが、苦手な発音を瞬時に分析して注意してくれたので、それはすごく良かったです。

的確に確実にポイントを突いてくれるし、毎日動画を撮って見直し、ひたすら繰り返すことで発音はかなり良くなりました。

そして何より自分が正しい音で発音できると、相手が言っていることも綺麗にわかるようになります。

これにはびっくりしました!

 

発音改善のために学校に通うことも全然いいと思います!

本当にオススメです!

 

 

難しいことにチャレンジさせられる環境

もう一つベクターにベクターに来ると色々なアクティビティがあります。

普通の語学学校と違って遊びや交流ではなく、ローカルの人に英語でプレゼンしたり、インタビューしたり、舞台に立ったり大忙しです。

 

確かに英語の勉強ではあるのですが、日本にいたらやらないことをやるって、結構大きなことです。

大人になってから自分がやりたくないことをわざわざやる機会ってそんなにないと思うのですが、ベクターに行くと普通にあります。

ストレスはかかりますが、それをクリア出来れば大きな自信につながります

就職の面接でも、「ローカルの人に話しかけてインタビューしたんだから、面接官も平気!」「英語でプレゼンをやったんだから、このくらい大丈夫」 とかキャリアアップの壁が小さくなりました。

 

 

まとめ:帰国後、アパレル卸企業の貿易部署へ

結果的に、私は帰国前の3ヶ月間ベクターにお世話になり、帰国してアパレルの卸会社で貿易の仕事に就くことができました。

英語面接もクリアし、輸出を担当することになったので海外のお客さんと毎日のように英文メールでやり取りしたり、国際電話を請け負ったり。  

ワーホリに行く前では考えてもみなかったような仕事に就くことが出来ました。

また、最後にベクターに通っていなければ英語面接がある企業は受ける自信もなかったと思います。

 

確かにベクターはスパルタで大変な学校ではありましたが

帰国して、こんな仕事に就けたことを思うと得るものも大きかったんだなとしみじみ思います。

辛くなったら、周りに日本語で思う存分相談できる環境でもあります。

通っている間はみんな同じ状況なので、その先に大きなことを成し遂げられる自信が持てると思って頑張って!

ただ、私はもう受けなくていいです。笑 本当に辛かったー!笑)

気になる人は、ぜひVectorのYoutubeでビフォーアフターを見てみてください!

ちなみに、校長のマリ先生のYoutubeもあります。こちらもぜひ!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

M's Feature

GoogleMAPを使用して日本から世界へ!
マッパー南美の旅行記録

Check It Out!

Check it out & Follow me!

南美のGoogleローカルガイド アカウントはこちら!

アカウントを見る

 

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

 

 

0

Sponsor Link

-Working holiday

© 2021 M's Eigo~カナダ・ワーホリと英語学習記録~ Powered by AFFINGER5