Working holiday

【ワーホリで交渉力UP】レント(家賃)の値下げ交渉をしてみよう!

 

I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。

 

 

突然ですが、皆さんは日本で家賃の値下げ交渉をしたことはありますか?

契約時に不動産業者と仲介料の値引き交渉はしたことがあっても、家賃交渉は直接オーナーさんとするわけではないので難しく感じるかもしれません。

でも海外は直接オーナーとやり取りするので、家賃の値下げ交渉をすることが日本より簡単です。  

 

今回はそんなレント(家賃)の値下げ交渉について。

私は英語力ゼロでワーホリに行きましたが、最初の家探しで値下げ交渉に成功しました!

これは意図していませんでしたが、この出来事がきっかけで知人も同じように値下げ交渉に成功したので、皆さんにもそのやり方をシェアしたいと思います!(^^)!

なので英語に不安がある人でも大丈夫

なぜなら条件がそろっていれば交渉するのは比較的簡単だからです。

レントは固定費なので少しでも安く抑えたいところ。

必要なのは英語力よりもガッツです(-ω-)/笑  

ただ、値下げ交渉が出来なかったり、しにくい物件もあります。

そういった物件で家賃交渉してしまうとおオーナーに悪い印象を与えてしまい、せっかくいい家でも住めない可能性も出てきます。

 

今回はそんな失敗をしないよう、「家賃の値下げ交渉の仕方」「値下げできる物件の見極め方」をお伝えします。  

 

そもそも家探しはどこから始めたらいいの?という方や、用語が分からない方はこちらもどうぞ↓

 

こちらもCHECK

no image
【バンクーバーで家探し】好条件の物件はタイミングとスピードが命!

  好条件、好立地の家に住みたい!   I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。   今回はバンクーバーでの家探しの極意をシェ ...

続きを見る

こちらもCHECK

no image
【バンクーバーで家探し】ネットで見かける基本引っ越し英語用語

家探しで見かける英単語が全然分からない!   I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。     ワーホリの一番最初の難関は引っ ...

続きを見る

 

 

 

 

値段交渉は5ステップ!

値段交渉ができる物件の条件はいくつかありますが、まずは交渉の流れを知りましょう。

step
1
気にったポイントをいくつかあげて、適度に褒める

step
2
長期滞在をアピールして交渉に有利に働くようにしておく

step
3
この後に他のアポイントがあることを伝え(無くても装って!)、お互いに即決の意思があるか見極める

step
4
希望の金額を提示して折り合いをつける(値引きは25〜50ドルごとが望ましい)

step
5
即決して、その場で契約書に金額を記入する

 

本当に気に入ったことが伝わって、オーナーがあなたを気に入れば逆に交渉を持ちかけてくれることもあります。

実際に、最初の私の家賃の値下げはこのパターンでした。

そうでなくても、知人に同じように会話するよう勧めたところ成功したので、下記の会話の流れを参考にしてみてください♪

 

とってもいい家です。XXがとても気に入りました。すぐにでも住みたいくらいです!
それは良かったです。最短でY月Z日から入居できます。他にも色々みるの?ここが初めて?返事は後でも今でも大丈夫ですよ。
ありがとうございます。この後他にもアポイントがあるのですが、ここが本当に気に入ったので決めたいくらいです・・・でも正直、家賃が少し予算よりオーバーしているので悩んでいるんです。実は私は1年以上カナダに住む予定なので、できるだけ良い環境で長く住める場所を探しているんですよ。
なるほど。他を見に行く予定があるなら見てからでも良いですが、基本的にみんなここを見に来ると気に入ってそのまま決めてしまうので、もしかしたら返事をもらう頃には決まっているかもしれません。(これ、あるあるです。人気物件は決断を渋ると逃すことが多いので注意)ちなみに予算はいくらなの?
500ドル台です。(うまくいけばここでオーナーから値引き交渉がもらえます。)半年〜1年はここに住むので、レントを値引きしてくれませんか?そうしたら今契約します!
半年以上滞在してくれるなら良いでしょう!

 

値段の交渉はいくらか折り合いがつくまでやり取りしますが、希望金額まで下がらなければ別の場所を探しても良いと思います。

実際に長期で住むことになるのでお互いが気持ちよく終われる金額にして良好な関係は保っておきましょう。

 

そして口約束だけでは無く、必ず紙に一緒に書いてコピーをもらいましょう。

また、デポジット(手付金代わり)も忘れずに払いましょう。

もしデポジット金額に満たなくても、手付金は払うようにしてください。

せっかく頑張った交渉も手付金がないとレントを定額で払うと言った人が現れれば、乗り換えられる可能性がります。

最後までしっかり契約を結んでください! ファイト!    

 

 

値下げできる物件の見極め方

そもそも家賃交渉が出来る・できないってどういうこと?

上記の交渉をスムーズに進めるためには、家賃交渉が出来る状態の物件でないと意味がりません。

元々家の家賃gな安かったり、オーナーがその場にいない場合は交渉が出来ません。

一丸には言えませんが、私の経験上、基本的に下記の条件が必要になります。

 

〇 交渉可能 × 交渉不可・難しい
相場より気持ち高いか、相場価格 レントがそもそも相場より安い
個人オーナーの管理下にある物件である 管理会社の物件や、代理人を立てている物件
3人以上で住んでいる 2人以下で住んでいること
滞在期間が半年以上 滞在期間が半年以下

 

レントの金額を相場と比べる

私の家探しの経験からすると、レントが相場から見て安い場合は値下げ交渉は難しいと思ってください。

オーナーが間髪入れずにすぐに入居者を入れたくて低く設定している金額の可能性が高いです。

その場合、値下げ交渉を無理やりすると印象が悪くなり自分が入居を決める前に断られてしまう可能性があるので、やめておきましょう。

でも相場くらいであれば長期滞在を使って値引きも可能かもしれないので聞いてみるだけ聞いてみていいと思います。

ちなみにオーナーも住民探しは大変です。

出来るだけ長く住んでくれる方が家賃収入も確保できるし、サイトへの投稿も減るため手間が省けます。

出来るだけ良好な関係が気づける人に借りてもらいたいはずなので、そこはオーナーの気持ちを汲んで言動に気を付けるようにしましょう。 

なので、サイトに直接「長期滞在の場合はxxドルにします」と値下げを宣言していることもあるくらいです。

そういった長期滞在条件をすでに提示しているところも、そこからの値下げは厳しいと覚えておきましょう。

 

値下げが可能な人と直接話せなければ話にならない!

値下げをしてもらいたければ、それが可能な人と「直接交渉」しなくてはいけません。

なので、ぜひ交渉してみたいという人は個人で貸出している物件で探しましょう。

会社で管理されている物件だと交渉してもすぐに決済で着ないので時間もかかる上にできないことが多いです。

注意点は、情報が載っているサイトのスレッドなどに「値下げ交渉は可能ですか」と聞かないことです。

サイトの情報は必ずしも家のオーナーがやっているとは限りません。

サイトに投稿した代理人を通してオーナーに話が行き、内見も行けなくなる可能性が出てきます。

実際に行ってみて家が気に入ってから、直接やり取りするほうが印象もいいし、成功する可能性が高いです。  

 

家賃全体を割り勘する人数を考えて!

基本的に3人以上が一緒の家に住んでいないと値段交渉は難しいです。

なぜなら、オーナーがまとめて家賃やローンを払っているからです。

 

例えば、月に2500ドルのコンドに4人住んでいるオーナーがいるとします。

これを部屋の大きさや住む場所によって(部屋:800ドル×2、リビング:650ドル、デン:250)割り当てています。

また、ユーティリティやオーナーの家賃収入などもあるのでそれを上乗せした金額を提示されます。

住んでいる人が多ければそれだけ家賃も分散しており、値段交渉がしやすいです。

ただし、バンクーバーでは物件の面積で住人の人数が決まっているので、極端に多すぎる人数が住んでいる場合は違法物件なので住むことから避けてください!

 

値段交渉に成功した家。ここに約1年半お世話になりました。

 

 

まとめ:レントの値段交渉

交渉のポイントは「お互いに利益がある話」であることが大前提!

これがないと交渉じゃなくて「ただのお願い」になるので、交渉とお願いは別物だとしっかり区別しましょう!

ワーホリに行ける人は30歳までなのでもしかしたら、仕事で契約や駆け引きなどしたことのない人もいるかもしれません。

部屋を見て「気に入ったけど高いから下げてよ〜」ではオーナーは納得しません。

これはただのお願いなので、絶対にしないでください。せっかくいい物件でもオーナーに悪印象を与えてしまう可能性があります。

 

また、実際に住んでみたら細かいところですごく汚かった!とか、虫がすごく出るというのもあるあるです。

写真を載せた私の家は虫がすごく出たし、前の住人の髪の毛がカーペットにものすごくついていました。

ルームメイトと全然気が合わないなど、実際に住んでみてわかることもありますが、値下げ交渉をしたら基本的には嫌でも最低半年は住まなくてはいけないことに注意してください。

まぁ、住めば都というので慣れれば意外と大丈夫になったりもしますが。

 

難しく感じるかもしれませんが、丁寧に英語が使えなくても頑張って伝えようとしてること、笑顔を忘れず好印象を与えることができれば結構簡単です!

ちょっと背伸びした家を内見して、ダメ元で練習がてらやってみると意外とうまくいくかもしれません。

コンドの部屋は本当に綺麗なので、最初の家探しはあまり難しく考えず、とりあえず3か月くらい住んでから値段交渉の物件探しをするなど、楽しんでやってみてほしいです!

あなたのワーホリライフが楽しくなる家に住めることを祈っています!(^^)!  

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

M's Feature

GoogleMAPを使用して日本から世界へ!
マッパー南美の旅行記録

Check It Out!

M's Golf

日本中のゴルフ場を回りながら
スコア100切りを目指す

ブログを見る

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

 

Sponsor Link

-Working holiday

© 2021 M's Eigo~30歳からの英語やり直し記録~ Powered by AFFINGER5