Working holiday

【バンクーバー・ダウンタウンの土地勘】住むならどこ?危険な所は?

2021年4月15日

ダウンタウンの人気エリアに住みたい!住むのに選ぶとNGエリアはどこ?

 

 

I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。

 

 

今回はカナダ・バンクーバーの土地勘についてのお話。

知らない土地での家探しは本当に大変ですよね!

いざ住んでみたらとんでもない場所だった!で、すぐにまた引っ越し...なんて手間にならないように、

この記事ではダウンタウンオススメのエリアと、選んではいけない場所を紹介しています。

ぜひ最後まで目を通して注意できるようにしてもらえると嬉しいです。

 

とはいえ、バンクーバーは住みやすい都市ナンバー1にも選ばれ、毎年上位に挙がってくる素晴らしい街。

コンドミニアムや高層ビルが並ぶのでとても都会的なのに、すぐ側にはビーチや山々が広がっていてとても綺麗です。

また、ダウンタウンを離れると静かながらも豊かな緑と生活できる環境が広がっています。

 

そんな私も大好きなバンクーバーですが、危険な面もあります。

というわけで、住むのにオススメなバンクーバー・ダウンタウンのエリアと危険なエリアを紹介します!

Check it out! 🙂

 

 

 

ダウンタウンで住むのに人気のエリアはどこ??

青色がオススメ4エリア、黄色はあまりオススメしないエリア

ワーホリでバンクーバーに来た、単身長期留学に来た!という場合、住居はホームステイではなく自分で探さなくてはなりません。

せっかくなら楽しめるように街に住みたいと思うのは自然なこと。

バンクーバーのダウンタウンはコンパクトですが、エリアごとに違った表情を見せてくれます。

そんな人気エリアを4つ紹介します。

ぜひお気に入りのエリアを見つけて素敵なシェアハウスで生活してみてください!(^^)!

 

古き良きバンクーバーを味わうにはウエストエンドが人気!

ウエストエンドは古くから住宅地としてダウンタウンに存在します。

古いコンドミニアムが多いですが、閑静な住宅街でローカルからもとても人気のエリアです。

何より、ダウンタウンの中心地に位置している住宅街なので、ほとんど徒歩で生活できます。

スーパーでも何でも近くにあるし、特に困ることがありません。

 

ただし、日本のように地震がないため、立て直しがされていません。

部屋によってはリフォームされているところもありますが、そうでないと水回りは結構使い込まれていたり、部屋も床がミシミシ言ったりと少し心配になる個所もあるのでそこは注意。

内見の時にしっかりチェックしましょう!

 

 

ダウンタウンの海の絶景を楽しみたいならイングリッシュベイがオススメ

古い建物ではなく、綺麗で憧れのコンドミニアムに住みたい、バンクーバーの海の景色も楽しみたい!という人はイングリッシュベイがオススメ!

海沿いに今度が立並んでおり、オーシャンビューの部屋が多くあります。

毎日太陽の光を浴びることができるし、サンセットは本当に綺麗です!(サンルームはとても綺麗だけど暑くて寒いで有名)

 

ダウンタウンの中心地からは少し外れるので、静かでありながらもイベントなんかがあると賑やかになります。

夏は花火大会もあり、部屋から優雅に花火を楽しむこともできます。

 

 

更に街に近い海沿いを希望するならカナダプレイス(コールハーバー)へ

イングリッシュベイも海沿いではありますが、ダウンタウンの北側に広がるカナダプレイス(コールハーバー)エリアも海沿いです。

こちらの方がダウンタウンにも近く新しいコンドが多いように感じます。

ただし、イングリッシュベイよりもレントは高めな印象。

アクセスも良いので、ここもほとんど徒歩ですべてが事足ります。

また、スカイトレインの駅も近いし、バス停も多方面に出ているのでどこに行くにも簡単です(^^♪

他にはギャスタウンに近いので、カフェめぐりが好きな人にオススメです。(ギャスタウンはカフェがいっぱいあります)

 

さらにこちらも花火が見れます!ここからは夏だけでなくニューイヤーのカウントダウン花火や、カナダの建国記念日の花火も観ることができます。

イベントごとはイングリッシュベイよりこちらの海側で行われることが多いので、そういった意味でもカナダプレイス近辺はオススメのエリアです!

 

 

さらに新しくて綺麗なコンドならイエールタウンがねらい目!

海外の建物は日本のように地震がないので一度建設されると、良くも悪くも長く使用されます。

趣があって良かったりする面もあるのですが、やっぱり綺麗で整った環境に住むには新しい建物が一番です。

そんな新しいコンドが並ぶのがイエールタウンです。

バンクーバーの有名人たちも多く住んでいるのがこのエリア。

 

イエールタウン自体が再開発で綺麗になったエリアなので、だいぶ洗練されていてレンガ調が美しいのが特徴です。

美味しいレストランが沢山あるし、ブティックもあります。

イエールタウンも先まで行くと海が見えるのでそれも綺麗。

公園も近くにあり、よくジョギングや犬の散歩をしている人もいます。

 

ただし、このイエールタウンはダウンタウンの中でも高級コンドのエリアでもあります!
スーパーやジムも少し他より高級な感じもします。

 

とはいえ、ダウンタウンには沢山のお店があるので上手く使い分ければ問題ないと思います(^^♪

 

 

危険なエリア、物件探しも一人で行かないこと!

ここまでオススメのエリアを紹介してきましたが、チャイナタウンは本当に危ないです。

ギャスタウンもチャイナタウンから近くて、少し危険です。

これらの物件が悪いわけでは決してありませんが、もし住む場合は周辺環境やルームメイトをよく見て決めるようにしてください。

そして絶対に内見は一人で行かないこと!少しでもおかしいと思ったら行くのをやめておくのが正解です。

 

街中の問題を集めたエリア:チャイナタウン

ダウンタウンにあるチャイナタウンは本当に、本当に、本当に気をつけてください!

大通りや主要な場所を昼間に歩くなら全然いいのですが、夕方近くから本当に物騒になります。

もともと薬物中毒者や浮浪者が多く生活しているエリアです。

日中は明るいので何か事件があっても他の目撃者の目もありますが、夜は危険です。

暗くなってきたら事件に巻き込まれないためにも近づかないようにしましょう。

 

また、明け方も危険です。

私自身、最初来て1ヶ月くらいの時に全然知らずにチャイナタウンを歩いていました(お酒飲みすぎ)

そこら中に注射器が落ちているし、女性のホームレスも普通にいます。ホテルもそういう人たちが泊まっていることが多く異様な雰囲気です。

バス停でバスを待つのも怖くてただ歩き続けました。今考えても怖すぎる・・・。

 

ただ、チャイナタウン自体はお寺があったり、美味しい点心屋さんやコーヒー屋さん、レストランもあります。

マリファナとかもコーヒーショップと間違えるくらいオシャレです、笑。

普通に中華系の香辛料やアイテムも買えるので本来はとても面白いエリアです。

なのでこのエリアは時間帯と周りに気を付けながら余裕ができたら散策してみてください(^^♪  

 

ギャスタウンも少し治安が心配。

バンクーバー始まりの地「ギャスタウン」。

芸術も多く集う場所で、お洒落なレストランやお店が立並ぶ観光地ですが、チャイナタウンからも近く少し治安は悪いです。

個人的には観光地なので割とうるさく、遊びに行ったり食事をしに出掛けるにはいいかもしれませんが、あまり住むエリアではなさそうな気もしました。

ただこれは好みなので賑やかでおしゃれ、少しアンダーグラウンドな雰囲気が好きな人にはいいかもしれません。

 

 

まとめ

色々なエリアがあるバンクーバー。

コンドの新しさなども併せて紹介しましたが、あくまで目安です。

バンクーバーは移民人口が増えているので、ダウンタウンのどこにでも新しいコンドは建ちますし、それでも足りず、郊外のサレーやリッチモンドがどんどん開発されています。

 

それでもバンクーバーのダウンタウンはそれぞれ違った顔を持っている素敵な所なので、危険なエリアとも上手に付き合いながら自分にあったエリアで生活してみてください!

 

どこでも「住めば都」と言いますが、ある程度は安全のために考慮してくださいね。

この記事を参考にして家探しをしてもらえると嬉しいです!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

M's Feature

GoogleMAPを使用して日本から世界へ!
マッパー南美の旅行記録

Check It Out!

Check it out & Follow me!

南美のGoogleローカルガイド アカウントはこちら!

アカウントを見る

 

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

0

Sponsor Link

-Working holiday

© 2021 M's Eigo~カナダ・ワーホリと英語学習記録~ Powered by AFFINGER5