Schedule

【英語で仕事のスケジュール管理】時間軸を表す英語表現を学ぼう!

コロナウイルスの影響もあって働き方改革がスピード感を持って起きている今日。

あなたの働き方も大幅に変わったのでは?

これまで出社していたものが在宅になったりして、より時間の大切さが身に染みるようになったと思います。(私の場合はそうでした。リモートワーク最高!)

 

 

さて、今回はそんな勤務時間を英語で表現できるように単語を紹介していきます(^^♪

 

これまではシフト制の職業の方、営業の人がよく使うような単語であった「直行・直帰」、「早番」や「深夜勤」などの言葉もフレックス制の働き方が広がったおかげで、多くの人が時間軸に関する言葉を仕事でも使用するようになったと思います。

ぜひ参考にして、手帳やスケジュールに書き入れてみてください!

 

 

 

すぐに使える!勤務時間に関する英語表現

  • 早番:early shift
  • 遅番:late shift
  • 夜勤:night shift
  • 深夜勤:graveyard shift
  • 残業:overtime
  • 直帰:gostraight home
  • 直行:go directly
  • 外回り:visit~ / outside job

 

シフト制や営業さんがよく使ったりする単語を集めてみました。

冒頭に述べたように、最近はこの限りではないので、ぜひあなたの仕事時間に合った表現でスケジュールに書き入れてみてくださいね。

ちなみに、「シフト制で働いています。」は英語で「I work in shifts.」で表します。

「シフト制」自体は「shift work」で通じますが、「シフト制で」と形容詞化する際は前置詞の「in」を付けた「in shifts」にしましょう。

形は複数形です。形容詞になることで、シフト制の仕事が何日もある、複数あるように取れるので複数形になります。

 

 

やっぱり重要なのはお休み!英語で表現してみると…?

  • 一日休み:day off
  • 半休:half-day off
  • 午前休:morning off
  • 午後休:afternoon off
  • 有給休暇:vacation days
  • 産休:maternity leave
  • 育休:childcare leave
  • 病気療養休暇:sick leave

 

どれもそのままスケジュールに入れられるので、単語も覚えやすくて使いやすいと思います!

休みの日って楽しみだから、一度書くだけでもすぐ覚えられそう。なによりパッと見て何の休みかが分かるのが書き入れていて嬉しいポイント!

(なぜなら難しい単語ばかり使われると、なんて書いていたか自分でも忘れるから、笑)

特に最近はコロナの流行で少しでも体調に異変があると休む必要があります。「sick leave」はとても使うことになるかもしれません。

ただ、そうならないように徹底して感染対策をしましょう!

 

まとめ

今回は仕事の時間軸を表す英語をシンプルに紹介しました。

また時間軸に付随して、お休みの表現方法も紹介しました。仕事への移動時間が省けたり、普段休めない仕事が休めて、本当に私たちの生活はがらりと変わったなぁと日々思います。

お休みも以前より重要視されるようになったのではないでしょうか?

ぜひ今回紹介した上記の単語を使って、スケジュール帳を埋めながら時間管理をしてみて下さいね!

 

そして、「この英単語はなんていうの?」というような日本語の言葉があればお気軽にコメントでも、メッセージを頂ければと思います!

 

それではまた、Ciao!

Sponsor Link

-Schedule

© 2021 M's Eigo~30歳からの英語やり直し記録~ Powered by AFFINGER5