Diary Schedule

日記・手帳に天気を書き入れよう【天気を表す英単語】

2020年11月3日

日記や手帳に書き入れることが多いのが天気。

話す時にもやっぱり天気の話題は最初に触れられることが多いです。

ただ「晴れ」と言っても「晴天」「快晴」など日本語にもいろいろ表現会があるように、英語にも沢山の表現があります(*^▽^*)

今回はそんな簡単な天気の英単語詳細表現ができる形容詞をフィーチャー!

 

日記や手帳の天気表記は「形容詞」がオススメ!

英語で天気の話をするときは本当に沢山の品詞が出てきます。

日本語だとあまり気にならないかもしれませんが、英語は語順が命の言語。

動詞になったり、名詞になったり、様々な形に変えて文中に出てきます。

でも!今回は日記や手帳に書き入れることを前提に天気の英単語を紹介していきます(^^♪

 

どうしても形容詞じゃないとだめ?

名詞でももちろん大丈夫!天気を一番シンプルに表現するには第二文型を使用するので名詞でも問題ありません。

(第二文型の保護Cの位置には名詞と形容詞が入れられるからね!)

 

ただ、ネイティブに近い書き入れ方をするならやっぱり形容詞がベスト。

なぜなら「It is sunny day.」を省略して「Sunny」と書き入れるイメージがあるからです。

 

話し言葉でも天気の話をする際は基本的に「It」を主語において話します。

雨でも曇りでも、台風でも、「今日は○○だった」と言いたければ「It was rainy (today) . 」となります。つまり、現在形だろうと過去形だろうと、今日がどんな天気だったかを書き入れるに重要なのは「rainy」という単語です。

だから形容詞の形でメモするのがネイティブとしては自然です。

とはいえ、名詞でしか表現しない天気の単語もあるのでそういったものは素直に名詞で表記しましょう。

 

それ以外の単語は日記や手帳に書き入れる際、形容詞の形を使用して慣れておくとネイティブの発想に近くなるので形容詞がオススメです!

 

天気を表現する形が分かったところで、早速基本的な天気を表す英単語を見ていきましょ~(^^♪

 

「晴れ」を表す英単語

  • Sunny (晴れ)
  • Beautiful(快晴の晴れ)
  • Clear(雲一つない晴れ)
  • Fine(晴れ)

 

ただ単にSunnyと言うよりは、晴れた空をイメージして言うことが多いのでBeautifulやFineも多く使われます。

昼間だけでなく、もちろん夜の天気にも使用できます。

 

 

「雨」を表す英単語

天気の話で最も難しいのが「雨」の表現。

なぜなら、通り雨や霧雨、土砂降りなどなど本当に色々な降り方があるからです。また、品詞も名詞や動詞などかなり多彩に使用されます。英語のイメージから「こんな動詞も雨を表現するの?」という単語もあります(+_+)

今回はあまり難しく考えずに簡単に使用できる単語を紹介します!

 

  • Rainy (雨)
  • Shower(通り雨)ー名詞
  • Pouring(土砂降り)
  • Downpour(土砂降り)ー名詞
  • Drizzled(霧雨)
  • Thunderstorm(雷雨)ー名詞

 

ここで一つ注意点!「Pouring」と「Downpour」はどちらも土砂降りという意味ですが単語の持つ品詞が違います。

「Pouring」はもともと「Pour:注ぐ」という動詞です。そこにingを付けて形容詞化しています。

「Downpour」は名詞。Down+Pourで一つの単語として機能しています。それぞれの意味からも土砂降りなのが想像できますね!

 

 

「曇り」を表す英単語

  • Cloudy(曇り)
  • Overcast(どんよりと、厚く黒い雲に覆われたような曇り)

 

曇りはあまり表現がありません。(*_*)

代表的な「Cloudy」を使用して問題ありませんが、「Overcast」もネイティブがよく使う表現です。

「空を雲が覆う」姿をイメージして使われます。

 

 

「雪」を表す英単語

  • Snowy(雪)
  • Sleety(みぞれ)
  • Hail(ひょう)
  • Graupel(あられ)

ひょうとあられは基本的に大きさが違うだけなので、あられを「Small Hail」と表すこともできます。

 

 

少し詳しく天気を表現してみる

上記の単語があれば基本的な天気は表すことができますが「寒く晴れた日」や「ひどい雨/雪の日」、「じめっとした雨」など、もう少~し詳細に天気を表したいときに使える形容詞も紹介します(^^♪

  • boiling hot(かなり暑い)
  • muggy(蒸し暑い)
  • dry(カラッとした)
  • warm(暖かい)
  • cool(涼しい)
  • cold(寒い)
  • chilly(肌寒い)
  • freezing cold(かなり寒い)
  • windy(風が強い)
  • breezy(風が心地よい)

 

これらと紹介した天気の単語を合わせるとかなり沢山の表現ができると思います。

また、「 heavy 」や「light」を使って「heavy rain:大雨」「light rain:小雨」なんかも表現することができます。

雨だけでなく他の天気にも使えるので、いろいろ組み合わせて詳細に天気が表現できるようになりましょう!

 

 

0

Sponsor Link

-Diary, Schedule

© 2021 M's Eigo~カナダ・ワーホリと英語学習記録~ Powered by AFFINGER5