Working holiday

【ワーホリを成功へ導く】具体例付き!無理のない目標設定

 

結論、AプランがダメならBプラン、それも駄目ならCプラン!選択肢を持って上手く使い分けよう

I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。

 

今回は「ワーホリを成功させるための目的の見つけ方と目標設定方法」についてお話していきます!

本当に目的や目標がないとワーホリは失敗するの?と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、この二つがなければ失敗する確率が高くなります( ;∀;)

そもそも目的や目標を持つ理由は、「どうしてワーホリに行ったんだっけ?」「ワーホリで何も得られなかった」という帰国後の後悔(失敗)を無くすためです。

 

こちらもCHECK

【目標設定がカギ】原因を知って失敗しないワーホリにしよう

  ワーキングホリデーってどうして失敗したとか、するとか言われるの? I hope you're doing well 🙂 こんにちは、Minamiです。   今回言いたいことはズ ...

続きを見る

その失敗原因を理解したうえで、目的や目標を考えてみましょう!

最後にそんなに決めて行けないよ!という人にも参考にできる方法があるので、ぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです(*‘∀‘)

 

 

 

 

目的を持つこと、目標設定の大切さ

突然ですが、なぜフラッと旅行気分でワーホリに行っては行けないのかあなたは考えたことがありますか? 

 

答えは評価されないからです。

 

き、厳しい(*_*) 

 

普段の仕事でもぼーっと過ごしているだけの人は評価されないことは周知の事実だと思いますが、

それと同じでワーホリでも1年間という時間をどう過ごして、何を得たのか帰国後が評価されます。

その1年をせっかっくワーホリに行ったのにぼーっと過ごしていたら評価されないのは当たり前のことなんです。

 

だから、みんな口を酸っぱくして「なんでもいいから目的や目標を持って行こう」(達成して帰国後の自分の評価を上げよう)と言うんですね!

ただこのカッコの中は言ってくれない( ;∀;)

 

とはいえこの記事を読んでくれたあなたなら、目的や目標の重要性と失敗原因が分かっているのでそれを回避するように目標設定すればOK!

参考にできるように、具体的な例も載せているので、無理のない範囲であなた自身に当てはめてみて下さい(^^♪  

 

 

目標設定の注意ポイント!

大切な目標設定。

そのプロセスの前に注意点を2点お伝えします。

ここに注意

  1. 目的は明確にする
  2. 目標は現地で細かく選択していけるように複数プラン用意する

どういうことかというと、あまりにしっかりした目標を立ててしまうと崩れることの方が多いため、現地で臨機応変に目的に向かって行けるように何個か予備を用意しておこう!ということです。

特に「Aプラン」しか立てていないと失敗する可能性が高くなります。

直ぐにBプラン、Cプランに切替えてある程度方向性を定めておかないと分からなくなってしまいます。

 

だからこそ、道しるべとなる「目的」はしっかりと持って、「目標」はいくつか用意しておく方が安心です。

実際はそこまでしっかりした計画を立てたのに、ワーホリに行ってみたら環境の変化や語学の壁でメンタルがやられて計画通りに行かないことの方が多いです。

 

何も準備がないと計画の練り直しができず、目的や目標が迷子になってしまいます。

そして結果的に「どうしてワーホリに行ったんだっけ?」「ワーホリで何も得られなかった」という失敗につながります。

そのリスクを減らすためにもワーホリに行く目的は明確にして、目標は臨機応変に現地でも選択できる状態にしておきましょう! 

現在ワーホリ中の人も参考にしてもらえると嬉しい(^^♪

 

 

成功するワーホリにしよう!

成功プロセス1:まずは行く目的を考えてみよう!

目標と言っても、どう立てていいか分からないと思います。

なぜワーホリに行きたいと思っているのか、まずはシンプルに理由をアウトプットするところから始めましょう!

ポイント

  1.  どうしてワーホリに行きたいのか考えて、全部メモに書いてみよう!
  2.  実際にもうワーホリしているよ!
     という人はどうしてワーホリに行きたかったのかもう一度思い出して。

 

具体的な例で言うと、こんなことがあげられると思います。

  • 日本から離れたかった
  • 海外での生活にあこがれていた
  • コンプレックスを直したい、自分を変えたい(人見知りやコミュニケーションなど)
  • 外国語が話せるようになりたい
  • お金を稼ぎたい
  • 彼氏彼女を作りたい、結婚相手を探したい
  • 写真や動画を沢山撮りたい  などなど

理由は多い方が良いので、思いつく限りあげてみましょう!

 

成功プロセス2:理由をもう少し深堀&肉付けして目的を洗い出す

次はあなたが思い浮かべた理由に「どうしてそう思ったのか」「そうしたい理由やきっかけは何か」を考えてみましょう。

上述した理由を深堀する質問を設けたので、良かったら参考にして考えてみて下さい。

 

目的の理由は明確にする!

  • 日本から離れたかった!
    →どうして離れたいのか?そこまでする理由はなに?本当に日本から出る必要はある?
  • 海外での生活にあこがれていた
    →どうして憧れているのか?どうしてその国を選択したの?ほかの国との違いは?
  • コンプレックスを直したい、自分を変えたい(人見知りやコミュニケーションなど)
    →海外に行くと日本で直すのとはどう違うのか?本当に必要?
  • 外国語が話せるようになりたい
    →どうして話せるようになりたいの?話せるようになった後はどうするの?
  • お金を稼ぎたい
    →日本ではなく海外で稼ぐ理由は?稼いでどうする?
  • 彼氏彼女を作りたい、結婚相手を探したい
    →どうして外国人の彼氏彼女が欲しいの?日本じゃ探せないの?なぜ海外まで出る必要があるの?
  • 写真や動画を沢山撮りたい
    →なぜ撮りたいの?海外である必要は?

 

これ、正直結構大変じゃないですか?( ;∀;)

(本当に骨が折れる作業…私もブログを書いててあまり得意ではないと最近特に思っていますが、この作業が本当に大切)

ですが、ここがしっかりできていると目的が明確になるし、失敗もしにくい目標設定が出来るようになります。

 

ちなみにこれはワーホリだけでなく、普段の仕事やプロジェクトにも使えるので、「どうして私はこの仕事をしているのか?」と考えると目的を見失うことなく業務を選べるようになるので、とても効率が良くなると思います!

 

成功プロセス3:無理のない目標設定にしよう!

ここまでのプロセスをしっかりこなしたあなたなら、もう既に「目的が明確で、目標やプランがいくつもあると柔軟に対応しやすく、納得のいくワーホリになる」というのは理解いただいていると思います。

そこからさらにしっかりと、 異国の地で、一人で、しかも1年という限られた時間の中で本当に頑張ったら達成できそうな目標を設定しましょう! 

 

本当にこの目標設定が大切です!

そうはいっても、ワーホリでの1年の目標を決めるってなかなか難しいですよね。

しかも目的によって目標は大きく変わってきます。

上記の目的に対する具体的な目標をいくつか挙げてみるので、参考にしてあなた自身でも目標を掲げてみてください。

具体的な目標例

  •  ローカルと同じ時給で働く
    →ジャパレスでローカルと同じ時給で働く、チップを同等にもらう
  • 海外での生活にあこがれていた
    →素敵な家に住むためにローカルとルームシェアする、自分で家を借りて家具家電を揃えてみる
  • コンプレックスを直したい、自分を変えたい(人見知りやコミュニケーションなど)
    →日本語が通じない美容院に行ってみる、皿洗いなどに逃げずに接客業をやってみる(お店のメンバー+お客さんという接点があればOK)
  • 外国語が話せるようになりたい
    →ローカルの彼氏彼女を作る(日本語が話せない人ならOK)、日本語禁止(日本人とつるまないようにする)、ローカルレストランで働く
  • 写真や動画を沢山撮りたい
    →1日1枚以上写真や動画を撮ってインスタにアップする、ローカルの写真コンテストに応募する

ここでのポイントは目標をあまり高くし過ぎない事。

もし分からなくなったら低いものを設定しておいて、現地に行って余裕があればもう少し高いレベルの目標にすれば大丈夫です。

 

例えば目標を「ローカルレストランでローカルと同じ時給で働く」にすると、そもそも英語力がなければハードルはかなり上がりますが、「ジャパレスでローカルと同じ時給で働く、チップを同等にもらう」にすると、少し現実味もあって頑張れば達成できそうな目標になります。

こうしておくことで、帰国した後も「ワーホリでローカルと同じ時給で働くことができる自分=仕事ぶりを評価された」とアピールすることができるし、実際に目標も達成しているので自信にも繋がります。

なので、他の人の目標に惑わされず自分の身の丈に合った、でも少し頑張る必要がある目標をいくつか臨機応変に選択できるようにしておくことが重要です!

 

そして小さいことでもいいので、できるだけ多くの目標を立てていきましょう。

そうするとプランB、プランC、プランD…と完成して、AがダメならB、BがダメならC…と応用が利くようになります。

ワーホリ現地での自分のメンタルと向き合って柔軟に対応しましょう。  

 

ちなみに、自分が立てた計画が1年じゃ無理だと思えば2年計画にしてもいいと思うし、それを加味して行き先を決めることも視野に入れると、ワーホリがより成功へ近づくと思います。

1ヵ国じゃなくても2ヵ国で2年行くとかでも良いと思います(^^♪  

 

 

ワーホリの成功と失敗は自己判断でしかない

最後に「こんなに堅苦しく決められないよ!」という場合の参考を話します。

ここまで私も「目的、目標」とさんざん言っていますが、一方でこの目標がなくてもワーホリに行って「すごくよかった」「成功した」と言っている人もいます。

 

その違いは何でしょうか?

 

私は「ワーホリ中に答えを見つけたから」だと思っています。

日本以外に自分の大好きな場所を見つけられたから「一生ここに住む!」という人もいます。

そういう場合、ワーホリに来なければその答えは出なかったので「ワーホリに行って良かった!人生が変わった」となります。

また「恋人を見つけることができた」とか、日本にたら就かない仕事をやってみたら意外と症に合っていて「一生の仕事を見つけた」という人もいます。

こういった成功の場合、日本を出国する時に目標があった人って少ないと思います。

 

そういう人たちにどうしてワーホリに来たの?と聞いてみると「日本にいたくない」「海外に行ってみたい」という返事が多く返ってきます。

つまり、ワーホリに出た時点で目的が達成できているので、その中で目標を見つけて達成してしまえば成功になるんですね~。

そう考えると本当にワーホリの成功って人それぞれだと思います。

こうしなくちゃいけないとか、そんなルールは一切ありません!

ワーホリの中で「正解」を見つけてあなた自身で成功するワーホリを作り上げていきましょう!(^^)!  

 

 

まとめ:ワーホリを成功へ導く無理のない目標設定

ちょっと真面目な話で熱く語ってしまいましたが、高すぎる目標設定が失敗原因ということを踏まえて、以下の2点に注意することが成功へのステップです。

  • 1年というワーホリの期間と、自分ができるプロセスの範囲を考えて目的を考える
  • 目的に対する目標プランをいくつも持っておく

とはいえ、上述したように目標設定が絶対に渡航前に必要という訳ではありません。

「ワーホリの中で正解を見つける」ことが大切です。

自分の気持ちに素直になって、「ワーホリで自分は何がしたいのか?何を得たいのか?」をよく考えてみてください。

今は特にコロナで計画が崩れている人も多いかもしれませんが、だからこそ時間がある時に今一度自分を見つめ直してほしいです。

 

あなたのワーキングホリデーが「行って良かった」と思えるものになるよう心から願っています!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

M's Feature

GoogleMAPを使用して日本から世界へ!
マッパー南美の旅行記録

Check It Out!

Check it out & Follow me!

南美のGoogleローカルガイド アカウントはこちら!

アカウントを見る

 

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

 

0

Sponsor Link

-Working holiday
-

© 2021 M's Eigo~カナダ・ワーホリと英語学習記録~ Powered by AFFINGER5